顧客管理をスピーディーにこなせるPOSの魅力

ウーマン

お店を開くまでの流れ

コーヒー

どのような手順か

カフェを開業するためには、いくつかのステップを踏むことが失敗しないためにも重要です。ステップを踏まずに漠然としたイメージでカフェを開業すると失敗する確率が増えます。ステップとしては、まずはカフェを知ることです。カフェといってもさまざまな種類がありますが、特に独立開業というケースにはすでに開業している個人経営のカフェを手本にするのが適切ですし、それらを手本に理想とするカフェを計画することができます。一方でいくらお店が立派でもスキルが伴っていなければ、常連客を作ることができません。必要なスキルを学ぶ場所としては、カフェ学校や開業本、実際に働いてみることがポイントです。また民間資格を取ることもスキルを学ぶ上で有益です。これら開業に必要なイメージとスキルを身につけることで、お店を持つ下準備は完了です。次に行うべきことは事業計画と資金調達です。事業計画では出店する場所や売上の目標などです。出店する場所はカフェが成功するためにはもっとも重要ですが、良い立地ほど入手が難しいので、初期投資額や売上の可能性など入念に調査することが重要です。また出店する物件が決まれば店舗作りが必要です。また仕入先の確保や各種許認可も行う必要があります。カフェを開業するための許認可としては食品衛生責任者資格が必要で、これらは講習を受講するだけで得ることができます。また開業時には営業許可申請が必要ですし、また一定の大きいお店となると防火管理者が必要になります。このほか税務署に事業所開設の届け出もしなければなりません。いずれも難しいものではなく時間と手数料を支払えば得ることができます。このような流れを経て店舗を用意し提供する飲食物を仕入れることができ、また各種許認可を得ることでカフェをオープンすることができます。