顧客管理をスピーディーにこなせるPOSの魅力

ウーマン

小型で取り回しがよい

タブレット

運用コストの削減も可能

小売店のレジの役目は、かつては商品の値段の打ち込み・レシート出力と現金の出し入れでした。現在でも大きくは変わりませんが、スーパーマーケットなどの多品種を扱う店舗では、POSレジが導入されています。これは値段を打ち込む代わりに、商品に印刷されているバーコードをスキャンすることで、自動的に値段を求めることが可能なシステムです。また販売実績データをシステムに蓄積するため、売上の自動集計や各種分析を行うことができます。その一方で電子機器の発達により、簡単に持ち歩けるハンディターミナルやタブレットが普及しました。これらは飲食店でのオーダーエントリーに都合がよいため、大型のPOSレジに代わって利用されています。またファッショナブルな店舗では、POSレジは雰囲気に合わないため、タブレットを導入するケースが増えています。1回の購入点数が少ない業態ならば、タブレットからの入力で十分間に合うからです。タブレットPOSシステムはクラウドサービスと組み合わせることで、売上集計・分析や勤怠管理などができます。チェーン店では、本部がリアルタイムに各店舗の売上状況や在庫を確認したり、適切な指示を行うことが可能です。システム導入時は廉価なタブレットのほか、必要に応じてレシートプリンターなどの周辺機器を揃えればよいため、POSレジよりイニシャルコストやランニングコストの削減が可能です。そのほかタブレットの取り回しのよさを生かして、商品に関する情報を見せながら、顧客に説明する活用法もあります。